原状復帰で建物を元気に|エレベーターも水回りもメンテナンスが必要

ビル

安全に暮らす

ビル

大規模修繕のタイミングについて

建物は経年とともに劣化するためいつかは修繕する必要があります。一方でマンションなどの大規模なビルの場合には、その年数を区切って大規模修繕するのが一般的です。その年数はオーナーや管理組合などの意向によって大きく変わってきますが、おおむね新築から10年から15年には行うのが妥当な基準といえます。なお、国土交通省の指示では12年目に大規模修繕するように推奨していますが、これらは必ずしも行わなければいけないというものではなく、調整が上手く行かずに大幅に遅れるケースも見受けられます。

大規模修繕にかかる費用は、その工事の内容によって異なってきますが、おおむね初回に行われる大規模修繕では外壁材や屋上などの防水のコーティングが中心になります。賃貸のマンションやビルであれば、その費用はオーナーがすべてを負担することになりますが、分譲マンションの場合には住民がその費用を負担する必要があります。このさいにマンションの規模が大きければ大きいほど負担が少ない傾向にありますが、それでも100万円程度の負担は必要とされます。また組合の修繕積立金が高いところでは新たに出費する金額を抑えられますが、修繕積立金が低いところの場合には、修繕費用の負担が大きくなります。また大規模修繕を行う業者によってもその修繕費用が大きく変わってくるため、修繕工事の手続きを主導する人によって負担すべき費用も変わってきます。